初めてトルツ®を使う方へ


トルツ®の注射方法はどのようにするの?

トルツ®には医療機関において注射する方法と、自己注射があります。
主治医からの許可により自己注射が可能です。

注射器は2種類あります。

注射器は2種類あります。

トルツ®は注射薬です。自動注入器「オートインジェクター」と、「シリンジ」の2つのタイプがあります。

トルツ®はどのように保管するの?


トルツ®皮下注80mgの保管方法

トルツ®皮下注80mg皮下注80mgの保管方法

準備はどのようにするの?


トルツ皮下注80mgには
患者様のための冊子が準備されています。

トルツ®による乾癬治療をはじめられる患者さんへ

トルツ®による乾癬治療をはじめられる患者さんへ

トルツ®による乾癬性関節炎の治療はじめられる患者さんへ

トルツ®による乾癬性関節炎の治療はじめられる患者さんへ

トルツ®で治療を開始される方へ
トルツ®皮下注 80mgオートインジェクター使い方クイックガイド

トルツ®による乾癬治療をはじめられる患者さんへ

トルツ®で治療を開始される方へ
トルツ®皮下注 80mgシリンジ使い方クイックガイド

トルツ®による乾癬性関節炎の治療はじめられる患者さんへ

トルツ®をこれからご使用いただく患者さん向けに、トルツの作用・投与方法・副作用・患者さん向けサポートプログラムなどについてご紹介しています。

トルツ®皮下注80mgは、注射器と手技の準備、手洗い・注射部位の消毒が必要です。

トルツ®皮下注80mgは、注射器と手技の準備、手洗い・注射部位の消毒が必要です。

トルツ®皮下注80mgには、患者様のためのアプリ
「乾癬ライフTM」や治療記録ノートが準備されています。

乾癬ライフTM

乾癬ライフ<sub>TM</sub>
乾癬ライフ<sub>TM</sub>

トルツ®治療記録ノート

トルツ®による乾癬性関節炎の治療はじめられる患者さんへ

「乾癬らいふTM」や「治療記録ノート」で投与日やDLQIなどを記録できます。病院に行く際に、治療記録ノートやアプリを使用して、医師や看護師にご相談ください。

「乾癬らいふTM」は、患者さんサポートプログラム「いつでもそばに」と連動することができます。

患者さん向けサポートプログラムの紹介 >

注射の打ち方はどのようにするの?-オートインジェクター


オートインジェクターをご使用の患者さん

オートインジェクターをご使用の患者さん

注射の打ち方はどのようにするの?-シリンジ


シリンジをご使用の患者さん

トルツ®使い方動画はこちら


トルツ皮下注80mg
「オートインジェクター」、「シリンジ」使い方動画

オートインジェクター

シリンジ

気を付ける症状は?


トルツ®皮下注80mgの注射後には、
下記の症状に気を付けましょう。

トルツ®皮下注80mgの注射後には、下記の症状に気を付けましょう。
トルツお問い合わせ窓口

よくあるご質問-自己注射について


A1. オートインジェクター・注射器は、皮下に薬液を注射します。皮下注射では、薬液の中に気泡があっても問題はなく、気泡は人体や投与量には影響ありません。

A2. 針先にしずくがついている程度であれば問題ありません。投与量には影響ありません。

A3.

  • 本剤の使用をやめてください。
  • 針を皮膚から抜いてください。
  • トルツ®[お問合せ窓口]0120-526-382までお問い合わせください。

A4. 緑色の内筒が外筒から透けて見えていて、灰色のゴムピストンが注射器本体の針の根元まで押し込まれていれば、注射は完了しています。

A5. そのオートインジェクターは使用せず、主治医に連絡してください。針がとびだし、薬液がもれ出すのでキャップを外さないでください。キャップが外れた場合は、けがをすることがあるので針に触らず、ふたのできる穴の開かない容器に入れてください。

A6. 針に触ったり、キャップを元に戻したりしないでください。ふたのできる、穴の開かない容器にオートインジェクターを入れて、トルツ®[お問合せ窓口]0120-526-382までお問い合わせください。

A7. すぐに注射してください。その後はあらかじめ定めた日に注射してください。大幅に投与日が過ぎてしまった場合は、主治医の指示に従ってください。

トルツお問い合わせ窓口